Product /

製品情報 - 音声対話開発ツールdialog-maker

dialog-makerは、言語理解部、対話シナリオ部、アクション部を編集し、対話プログラムを出力するツールです。

dialog-makerの対話プログラム出力フロー図

動画で見るdialog-maker

  • dialog-makerの概要

    3つのステップで対話を作成

  • タブレットでのデモ

    対話シナリオと接続し動くアプリ

  • Ver.3.1.4の新機能

    今までの機能はこちら


動画をもっと見る

動画で見るdialog-maker

dialog-makerのことがわかる動画をご用意しました。クリックしてスタートしてみてください。

  • dialog-makerの概要

    3つのステップで対話を作成

  • タブレットでのデモ

    対話シナリオと接続し動くアプリ

  • Ver.3.1.4の新機能

    今までの機能はこちら


動画をもっと見る

dialog-makerのパンフレットはこちらからダウンロードできます

ページのトップへ

サービス・サポート

dialog-makerのご利用者様に、製品をもっと活用していただくための各種サポートをご用意しています。

プロトタイプ作成

ご要望に応じて、dialog-makerを使った試作品の作成を承っております。まずはお気軽にご相談ください

お問合せ

音声対話サーバーのレンタル

プロトタイプ作成後に音声での入出力を試せるよう、音声認識・合成エンジンをご利用いただけます

お問合せ

商品への実装

ライセンス契約を結んでいただくと、対話プログラムを商品に搭載したり、サービスとして提供したりできます

お問合せ

技術情報

dialog-makerの機能

  • dialog-maker の対話エンジンは拡張性のある対話システムを構築するために、重み付き有限状態トランスデューサ(WFST)を用いています。
  • 言語理解部、シナリオ制御部、アクション部の3種類を記述する事で対話が構築されます。
    [言語理解部(SLU)]
    入力出来るキーワードやフレーズをXML形式で定義します。
    ワイルドカードも指定可能となっており、柔軟に入力語彙が定義できます。
    複数のXMLに分割して定義できます。
    [シナリオ制御部(FST)]
    対話の状態と状態遷移を定義します。
    キーワード入力時、未定義の入力が有った時、条件なしの入力に対して遷移を設定できます。
    遷移条件にマッチした時に、アクションを実行するように設定出来ます。
    アクションから戻された値をIFで判定し、遷移先を分岐させる事ができます。
    複数のFSTに分割して定義できます。
    [システムアクション部(ACTION)]
    状態遷移時に実行可能なプログラムです。
    C++ で記述するので、様々な処理が可能です。
    複数のソースファイルに分割して定義する事ができます。
    音声合成する文字列、処理無し、遷移無し等を返す関数を定義します。
    関数の戻り値とは別にアクションの戻り値を設定し、遷移先の分岐を行う事ができます。
    アクション内で、キーワード取得、入力文字列の取得、語彙の追加削除、ワイルドカード部分にヒットした入力の取得を行う事ができます。
  • 対話の階層化(マルチスレッド)が可能。
  • スロットフィリングをサポートしています。
  • IDE(統合開発環境)には、下記機能が含まれています。
    [FST編集機能]
    グラフィカルにFSTの状態や状態遷移の確認や編集ができます。
    関連する語彙やアクションを簡単に検索でき、シナリオ作成の効率を上げます。
    [語彙定義表示機能]
    定義された語彙をグラフィカルに表示します。
    [専用エディタ]
    語彙やアクションを編集するテキストエディタです
    [実行機能]
    コンソールまたは、サーバーとして作成した対話が実行できます。
    コンソール形式で実行した場合、コマンドプロンプトで文字入出力で対話が実行できます。
    サーバー形式で実行した場合、音声入出力も可能です。
    [トレース機能]
    カレントの状態、遷移元などの情報を視覚的に確認しながら実行できます。
    [テスト機能]
    予め作成したテストデータを用いて、繰り返しテストが実行できます。
    [辞書追加機能]
    弊社の音声認識/音声合成と接続した際に辞書の編集ができます。
  • Java、C++ で利用出来る対話クライアントライブラリが付属します。

注:当該製品に使われている音声対話技術は(独)情報通信研究機構で研究開発された要素技術を利用して(株)ヒムズで製品化したものです。

dialog-makerの特徴

  • 対話の流れを視覚的に確認しながら、対話シナリオが作成できます。
  • 対話シナリオの柔軟性・移植性・拡張性が高くなっています。
  • 言語非依存で多言語対応が可能です。
  • 認識・合成エンジンは、任意のエンジンが採用可能です。
  • IDE は、言語理解・シナリオなどの編集機能にコンパイラー、デバッガー、テスター、辞書登録機能を Aii in One に統合。開発効率の向上が可能です。
  • 対話サーバーに接続アプリを開発するためのライブラリが付属します。

動作環境

Windows7 の 32bit版、64bit版で動作します。
※ JavaとVisualStudioを別途インストールする必要があります。

dialog-makerのパンフレットはこちらからダウンロードできます

ページのトップへ